私たちについて

私たちについて

私たちについて

なぜIKCなのでしょう

製図のスケッチやデザインから形にし、設置するまでIKCはあらゆる人のイマジネーションに働きかける、やりがいがあり、カラフルで教育的な遊びのコンセプトを創造しています。

IKCのプレイエリアは単なる子どもたちの遊び場以上のものです。IKCコンセプトは双方向のインタラクティブ教育、そして全面的なアドベンチャー体験を提供しています。子どもたちは何かを発見したり、別の方法を模索したり、感情を通じてコミュニケーションを図ることが大好きです。

魔法のゲームモジュールから素晴らしいゲームシステム、多岐に渡る製品の数々、そしてやりがいある遊び場まで。それぞれがユニークな性質とストーリーを持っており、ゲームの多様な変化を見出す子どもがいます。IKCは皆さまと一緒に子どもたちがリラックスして、笑い、一緒に遊び、気分転換を見つけ、そして何よりも自然体で、自分自身でいることができるような場所を創っています。ユニークな製品は手作りで、ピュアで自然な材料で製造され、特に情熱、チームワークそして愛で作られています。子どもたちは皆さまを素敵なIKCのコンセプトと一緒に思い出し関連付け、過去に得られた良い経験から、将来また戻ってくるようになります。

IKCの価値観

  • 部屋の価値や見た目はそこに誰にとっても居場所がある時に良さをフルに発揮します。子どもたちも同様です。子どもが居心地よく満された気分でいれば、おとなやその場にいる他の人々 も満ち足りた気分になります。そうして初めて、おとなはおとなにとって大事なこと―御社の製品、アドバイス、企業組織―に専念できます。

  • 私たちは子どもたちのニーズに最大限の注意関心を払っています。たくさんの情熱と共に、楽しさ、エンターテイメント、教育に着目したキッズ・コーナー、プレイグラウンドの設備を開発しています。子どもたちが隠れ家でリラックスし自然体で、自分自身で居られる場所を提供しています。IKCのキッズ・コーナーはすべての来訪者に穏やかで調和した場を創ります。大きくても、小さくても。

CEOは語る

CEOは語る

子どもらしく自然体で、笑い、遊び、自分に自信を持ち、リスペクトし、クリエイティブで無限のファンタジーを持って、言語に頼ることの少ないコミュニケーションをし、そして何よりも正直で偏見や先入観のないこと。これらが、こどもの素晴らしい点であり、そして出来るだけ長くこどもをこどもで居させてあげるべき理由です。IKCは私たち自身の中にあるこどもを呼び起こし、それを可能にしています。

IKCがすべての人のイマジネーションに働きかける、やりがいがあり、カラフルで教育的な遊びのコンセプトを創造している理由はそこにあります。IKCのコンセプトは常にこどもの体験をベースにしており、ユニークな製品はピュアな素材で、豊富な知識と情熱、チームワークが加わって作られます。私たちは皆さまとご一緒に、こどもたちが遊び、笑い、リラックスし、気分転換できる場を創造いたします。しかし何よりも自身でいてほしい。すべてのゲスト、スタッフにとって調和した雰囲気が創られて初めて、輪は完成するのです。

すべてはひとつの屋根の下

ユニークなアイデアから初製図の線、スケッチから想像溢れる3D図面まで。小さな細部から大きくて重要なパーツまで、なぞなぞからIKC独自のソフトウェアまで。IKCは職人技能、美しさ、細部、本質目線で、すべての基礎構成を社内で開発、製造しています。IKCの特長は人々に認知され、こどもが中心であるサステイナブルなキッズプレイコーナーを実現させています。製品はハンドメイドです。しかし私たちの製品は手からだけでなく、情熱と愛、職人技で生み出されています。

Marco  Lankman

CEO Instore Kids Corners

独自生産

サステイナブルにそして何よりも安全第一に

IKCは子どもたちが企業や組織、施設内で長く楽しむことができるすてきなプレイコンセプトを手掛け、日々励んでいます。専門知識を持つ志高い職人デザイナーのおかげで、IKCコンセプトの内部基準は国際基準最高値にまで達するレベルで厳しくコントロールされています。プレイグランド設備はユニークで、耐久性ある素材で作られ、ほつれや取れてしまう部品などなく、教育的に設定されており、安全で丈夫にお使いいただけます。

細部へ注視して完成

IKC製品はデザインの線から3D印刷までしっかりとした詳細を基に開発されています。クリエイティブなデザイナーは皆さまと一緒に喜んで作業し、私たちは志高いスタッフと共に皆さまのキッズ・コーナーを一緒に考え、満足行くまでご相談に乗らせていただいています。自社ファクトリーですべてのプレイ・モジュールが作られているため、現状把握および皆さまにとって何が可能かを十分認識しています。