デザインと建造

デザインと建造

IKCが新しいゲームコンセプトを開発する時、デザイナーと建造専門家は自分自身にこう問いかけます。「達成したいことは正確には何?」遊びのコンセプトに複雑性の中で新基準を設けるべき?コンセプトのある環境で一番大事な効力は遊びの価値あるいはデザインの価値?

デザイナーは3D設計ソフトウェアを使い、最初の構成をモデリングすることから始めます。IKC は現代の生産技術で統一された生産作業を非常に重要視しています。建造の専門家と緊密に協力し、遊びコンセプトのデザイナーは形と機能をいかに結び付けるか、ベスト組み合わせを決定する重要な役割を果たしています。よき遊びの価値とシンプルさ、既存範囲の中でのポジション、材料と色選び、表面の仕上げ加工は常に建造部門のチームワークの論理上必然の結果です。

技術性能や魅力的なデザインに加え、もっと感情的な側面もあります。例えばプレイ・モジュールの感触、子どもたちがどう試作品に反応するかも大事です。プリントされた箇所の感覚、住まいの表面の感じ、「押」ボタンが作動するやり方、ボタンの音は単なる偶然ではありません。

古いスケッチや図面はデザイナーにとってインスピレーション(アイデア、ヒント、工夫)の源。そして究極的にはIKC 先駆者へのリスペクトがゲームコンセプトとなっており、オランダと中国、両国で2010年本社創立した時からの流れを汲んでいます。