業種別アドバイス
シェア
子どもたちは親を見て育ちます

ブランド認知度が最も発達するのは幼少期

ブランド認知度が最も発展するのは2歳から10歳。そんな意外でちょっと驚くような研究発表があります。

IKCのCEOであるマルコランクマンも頷きます。こどもの頃親が好きだったブランド、親が贔屓にしていたお店を自分も今も好むと話します。例えばガソリンスタンドはシェル、食品スーパーはアルバートハイン。質が良いお店だというのを小さい頃から知っているからだと言います。

皆さんもきっと安心して買えるお店にいつも行かれるのではないでしょうか。いいものを安く売ってくれるお店、欲しいものがいつも状態よく売られているお店などにリピされているでしょう。親は良きにしろ悪きにしろ子どもたちの見本でありお手本なので、親が信頼しているお店はこどもも信頼を寄せ始めます。ADA財団はどの年齢のこどもも、親をローモデルの一番と見なしているとの結果を出しています。

ではどう活用できるでしょうか?

子どもたちに皆さんのビジネス、ブランドをプラスのいいイメージを持ってもらいましょう。ちいさくてもこどもはブランド名やロゴを認知し、よく記憶しています。またこどもを持つ親のお客様の来店を促進させましょう。おとなもこどもも楽しい時間が過ごせて、お店に対してよいイメージが持てれば、将来に渡って長く利用していただけます。

ブランド認知度構築、顧客満足度の向上についてプレイコーナーがどう活用できるでしょうか?IKCのアドバイザーが皆さまのビジネスのサポートをいたします。どんなお悩み相談でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

概要ページへ戻る