子どもが最も幸せなオランダ 連続首位

シェア

前回(2013年)の調査に引続きオランダがUNICEF子供の幸福度ランキングで首位を獲得。UNICEFは41カ国の先進国・経済国における子どもたちの身体的、精神的な健康、学問、社会スキルなどの項目分野を7年ぶりに研究、肥満率や死亡率、幼児教育、基礎読解力や数学などの詳細項目に分類算出し、ランキングを先ごろ発表しました。

オランダのこども(15歳)の精神的幸福度でもオランダの子どもたちの生活満足度調査結果では「満足している」と答えるこどもは9割にも上り、結果、精神的な健康面でもNO.1に。

その他2位はデンマーク、3位はノルウェーとやはり北欧の国が上位を占める結果になりました。

IKCは創立以来ずっとこどもの幸福を追求しています。IKCの製品は今や世界80か国以上で展開され、本国オランダでは至る所に導入されています。ちょっとおこがましいですが、お店や病院、市役所やレストランやカフェ等でこどもがこどもらしくいられる環境作りをしてきたIKCの事業もこの子供の幸福度ランキングの結果に寄与しているのではと自負しています。

ブランド認知度が最も発達するのは幼少期

シェア

ブランド認知度が最も発展するのは2歳から10歳。そんな意外でちょっと驚くような研究発表があります。

IKCのCEOであるマルコランクマンも頷きます。こどもの頃親が好きだったブランド、親が贔屓にしていたお店を自分も今も好むと話します。例えばガソリンスタンドはシェル、食品スーパーはアルバートハイン。質が良いお店だというのを小さい頃から知っているからだと言います。

皆さんもきっと安心して買えるお店にいつも行かれるのではないでしょうか。いいものを安く売ってくれるお店、欲しいものがいつも状態よく売られているお店などにリピされているでしょう。親は良きにしろ悪きにしろ子どもたちの見本でありお手本なので、親が信頼しているお店はこどもも信頼を寄せ始めます。ADA財団はどの年齢のこどもも、親をローモデルの一番と見なしているとの結果を出しています。

ではどう活用できるでしょうか?

子どもたちに皆さんのビジネス、ブランドをプラスのいいイメージを持ってもらいましょう。ちいさくてもこどもはブランド名やロゴを認知し、よく記憶しています。またこどもを持つ親のお客様の来店を促進させましょう。おとなもこどもも楽しい時間が過ごせて、お店に対してよいイメージが持てれば、将来に渡って長く利用していただけます。

ニーズに合わせたデザイン

ブランターノ・ベルギーのプレイコーナー

インテリアに馴染むモダンなプレイソリューション

ポーランドのユニークなプレイコーナー

Hope on wheels | IKC
A tailor-made play solution

IKC together with Hope Benefit

this image shows a kids corner in a treatment room in a hospital
診察室、待合室に合うこどもの居場所

マースタッド病院の中のプレイコーナー

County council waiting area | IKC
どのインテリアにも合うデザイン

アルメロ市役所の中のプレイコーナー

Op deze afbeelding ziet u kinderhoeken bank BCV
金融をあそびを通じてこどもの頃から学ぶ

BCVスイス銀行の中のキッズコーナー

公共エリア

Geel

#f9da00
text-black