病気の辛さや不安を緩和

マルティ二病院の待合室

オランダのマルティ二病院では、日々先生や看護師さんが懸命に働く中、ERの待合室にキッズコーナーを導入しました。明るく冒険的なプレイコーナーのテーマはジャングルです。ジャングルがプレイコーナー全体につくられ、 Airtexウォールとプレイモジュール、こども家具が配置されています。

ERという常に緊張感漂う場所において、ジャングルの雰囲気は患者さんの病気のつらさや不安から気をそらすよい役目を担っています。

待合室の気晴らしをどの年齢の子どもたちにも    

ジャングルをテーマにするだけでなく、ちいさい子からおおきな子までみなが楽しめるプレイコーナーにするため、インタラクティブ・タッチスクリーン、木製のしっかりした壁面ゲームをレイアウト。

またデルタ43インチスクリーン大画面のスクリーンを壁に取り付け、子どもたちが何人かで一緒にあそび学べるようにしました。

専任アドバイザーにお問い合わせ

IKCとのコラボで、ERに来る患者さんのリラックス感が増しました。
ERケアマネジャー
シェア